Rootless Stillness

自ら根っこを持たず「地表や岩の上にはいつくばるように成長し、広がるような植物的なもの(weblio)」を一般的に”コケ”と呼びます。英語では moss.

根っこが無いけど湿気があって邪魔されなければどこでも成長できるのがコケ。

コケに覆われた木の幹ってきれい。園芸用の石もコケの種類によって何十万円もの値段がつくんだって。でもバスルームの中でコケはみかけたくない。
根っこが無いからどこでも生きられる、ってそんな簡単じゃない。

 

Moss noun — a small flowerless green plant which lacks true roots, growing in low carpets or rounded cushions in damp habitats and reproducing by means of spores released from stalked capsules.

Moss is rootless, yet it can only grow in stillness. 
Then, can stillness only come to you if you are rooted?

 

www.youtube.com

 

f:id:hynm_odaka:20161029112931j:plain(Kyoto | Feb 2016) 

f:id:hynm_odaka:20161029112934j:plain(Hoh Rainforest, Olympic National Park | Feb 2016) 

f:id:hynm_odaka:20161029112936j:plain
(Isle of Skye, Scotland | Jun 2015) 

Get Out the Vote

"I do solemly swear..." — whom do you want this pledge to be taken by in January?

日本時間の20日の朝にアメリカ大統領選挙戦の主要2候補による最終討論会が行われました。みなさまご存知かと思いますが民主党候補は元国務長官ヒラリー・クリントン、共和党候補は不動産王のドナルド・トランプ。あと主要なサードパーティ候補でグリーン党代表で医師のジル・スタイン氏、リベタリアン党代表で作家・ビジネスマンのゲアリー・ジョンソン氏が立候補しています。

アメリカ人は基本的に政治の話をしたがらない、というステレオタイプがあります。確かに私の経験上、相当仲良くならないと政治・宗教の話は話題に出てこないというのが確かにありました。でも、今回アメリカ滞在中西海岸においても東海岸においても同じく、初対面の方々が進んで「(アメリカの)選挙って日本で話題になってるの?」って聞いてくる。確かにニュースには出てくるし関心度はかなり高い、って答えるとすごい心配そうな顔で「そうか、ヒラリーは好きじゃないがトランプの方が危ない。だからヒラリーに投票する」と答えてくる。(逆の答えを持つ人もいたがこちらは少数派。)さっきまで他人だった人に率直に自分の政治的意見を言われるのはなかなか無い事なので、なんか罠を仕掛けられている様な気がした。でも、そうではなくて本当に今回の選挙はアメリカ国民にとって良くも悪くも関心が高い、という事を肌で感じた。

オバマが初当選した2008年の選挙の投票率57.1% (Wiki) でした。(再選の2012年は54.9%)

そして、来たる11月8日の投票日にはアメリカ国民に世界中の目線が集中することになるでしょう。結果はどうであれ、投票して初めて民主主義が成り立つ。
If you are reading this and have voting rights in the US, please GET OUT THE VOTE come November 8th.

Love, 
A concerned Japanese citzen that loves your country

 

 

Robert Allen Zimmerman (hats off)

f:id:hynm_odaka:20161015093044j:plain

(Hearst Castle | San Simeon, CA | Oct 2016) photo by Masataka Odaka

Long-distance operator
Place this call, it's not for fun
Long-distance operator
Please, place this call, you know it's not for fun
I gotta give a message to my baby
You know, she's not just anyone.

[...]

Ev'rybody wants to be my friend
But nobody wants to get higher
Ev'rybody wants to be my friend
But nobody wants to get higher
Long-distance operator
I believe I'm stranglin' on this telephone wire.

(lyrics from "Long Distance Operator" — Dylan, B)

 

”Long Distance Operator"より一部引用
「(長距離電話の) オペレーターさんよ
電話一本繋げて欲しいんだよ 遊びじゃなくて
お願いだから電話繋げて 遊びじゃないって分かってるでしょ
俺のベイビー(彼女)にメッセージがあるんだ
そんじゃそこいらにいる普通の女じゃないんだよ

[...]

だれもが俺と友達になりたがってる
でも誰もそれ以上にはなりたくない (<ーここのhigherの意味がいまいち分からない)
だれもが俺と友達になりたがってる
でも誰もそれ以上にはなりたくない
オペレーターさんよ
この電話線で首閉められているみたいだよ」

 

ボブ・ディラン
ノーベル文学
賞!おめでと

 

彼の歌詞の和訳サイトをいくつか見つけたので、よろしかったらチェックしてみてください。

 

19曲掲載!ボブ・ディランの歌詞和訳

ボブ・ディラン 和訳歌詞bot (@dylan_lyrics_jp) | Twitter

 

California & the Milky Way

f:id:hynm_odaka:20161009111528j:plain

OLYMPUS EP5, ISO 400, M.17 F1.8 @ 17mm, 40 sec at ƒ / 1.8

Redwood National Park, California (Oct 2016)

 

The silence I encountered in the redwood forests betrayed my own noise. 

As one of 14 million souls that call the city of Tokyo as home, quietude is in short supply.

At a beach campground sandwiched between the redwood forests and the Pacific ocean, I stared up at the sky until the last log burnt down. 

 

レッドウッドの森で出会った静けさは自分の雑音の多さを感じるきっかけになった。

東京はhome。1400万の人にとっても同じくhome。静けさに乏しい。

レッドウッドの森と太平洋の境に位置する浜辺のキャンプ場で最後の薪が燃え尽きるまで空を見上げてた。

 

カリフォルニア州最北端に位置し、太平洋沿い南北約55km、東京ドームのおよそ9,100倍の広大な面積(425k㎡)を有するレッドウッド国立公園内には、レッドウッドの巨木が集まる森が広がっています。

公園の1/3を占めるレッドウッドとはセコイアの一種で、幹が堅く分厚い樹皮が赤くなっていることからその名が付けられました。植物の中では最も大きく、高さ110mを超えるものも。また平均樹齢はおよそ500~700年とされ、中には2000年超の巨木も現存しています。」

 

詳しくはこちらのサイトをご覧下さい。

 

 

 

 

Andy WarholはCtrl+Cを使った事が無い

For the better part of September and a bit of October, I was back in the US, visiting places in Vermont, New York, California, and Oregon. 

This is what I saw in my travels, in no particular order. 

9月と10月の上旬はアメリカにいました。バーモント、ニューヨーク、カリフォルニア、そしてオレゴン州を回ったその時見た風景を、順番を気にせず並べてみました。

(Text & photos by Masataka Odaka)

 

Andy Warhol never made a copy of anything. 

アンディー・ワーホールは一つたりとも複製品を作ったりはしなかった。

f:id:hynm_odaka:20161007202823j:plain

(Whitney Museum of American Art | New York | Sep 2016)

 

Inflammatory graffiti everywhere on the streets. 

辺りは悪質な落書きだらけ。

f:id:hynm_odaka:20161008040536j:plain

(Brattleboro, VT | Sep 2016)

 

Where's the work ethic?

勤勉の「k」も知らない民。

f:id:hynm_odaka:20161007203109j:plain

(Hearst Ranch Winery | Paso Robles, CA | Sep 2016)

 

Grapes just harvest themselves and spontaneously turn into wine. 

ぶどうは自らを収穫し、何も手を加える事無くても勝手にワインに変身する。

f:id:hynm_odaka:20161008041914j:plain

(Hearst Ranch Winery | Paso Robles, CA | Sep 2016)

 

Did I forget to turn the stove off? 

戸締まりちゃんとしたっけ?

f:id:hynm_odaka:20161007203842j:plain

(Redwoods National Forest | Orick, CA | Oct 2016)

 

The harbor seals are vicious and dangerous. 

アザラシは目つきからしていかにも獰猛そう。

f:id:hynm_odaka:20161007204138j:plain

(Santa Rosa, CA | Sept 2016)

 

Beef jerkey and campfires do not get along.

ビーフジャーキーと焚き火、相性X

f:id:hynm_odaka:20161008042447j:plain

 

Sunsets in San Francisco? Meh. 

夕暮れ時のサンフランシスコ?別に。

f:id:hynm_odaka:20161007203447j:plain

(San Francisco | Oct 2016)

石垣島 (Ishigaki Island, Okinawa) / Part 3

 

f:id:hynm_odaka:20150729081309j:plain

 

 

石垣やいま村 Ishigaki Yaimamura

A photo posted by Masataka Odaka (@masatakaodaka) on

 

f:id:hynm_odaka:20150729081425j:plain

f:id:hynm_odaka:20150729081441j:plain

 

探し物はなんですか 見つけにくいものですか Do you know what you're looking for. How are you looking for it?

A photo posted by Masataka Odaka (@masatakaodaka) on

 

f:id:hynm_odaka:20150729081526j:plain

石垣島 (Ishigaki Island, Okinawa) / Part 2

今回のキーワードは「聴・潜・食」

 

まずは「聴」。

 

石垣島に行くつもりだと友達のKさんに話をしたらなんと、彼女は石垣島で一番でかいライブハウスを運営している人を知っていて、喜んで紹介してあげるよとまで言っていただいた。生まれも育ちも石垣島石垣市の石垣さん。ライブハウス「シティ・ジャック」のマスター。ここで毎晩地元のミュージシャンの音楽を聞いて、泡盛を飲んだ。石垣島では「石垣」の名字をもった人が多数いるらしく、マスターはヒロキミさんって下の名前で呼び親しまれていた。

 

 

 

Today's theme is "Listen, Dive, Eat." 

 

First off, "Listen."

When I told my friend K that I wanted to go to Ishigaki island, she mentioned that she knew the owner of the biggest live house on the island and that she'd be happy to introduce me to him. So when I landed, I proceeded to go meet Ishigaki-san, who was born and raised in the city of Ishigaki, on the island of Ishigaki. He owns and operates a venue called City Jack, and this is where I went to have drinks and watch and listen to local musicians perform almost every night. One of my favorite shows was a concert MIYAGI Mamoru put on (pic above). Another native of Ishigaki who's 20-year career has taken him all over the country. 

 

次に「潜」。

そのヒロキミさんが「ストリート・マリン・クラブ」というダイブショップを経営しているインストラクターのシンさんを紹介してくれて、初スキューバを体験。先生の一流の指導の甲斐があって無事オープンウォーターライセンスを取得。シンさんは東京出身の元プロレーサー(2輪も4輪も両方やってたらしい)。都会の暮らしに疲れた頃ダイビングのインストラクターになり石垣に引っ越してきたのはもう何十年も前の話。

f:id:hynm_odaka:20150727063138j:plain

一番怖かったマスク完全脱着からの再装着訓練。普通に口から呼吸を続けていればいいのに、なぜか鼻と目が水にさらされると平常心を失いがち。「人は潜る事でどんなに空気に甘えているかを気付くことができる」っていうシンさんが言ってた言葉を思い出す。親切丁寧な指導ありがとうございました!楽しかった。

 

Next, "Dive."

Hirokimi-san, the owner of City Jack, kindly introduced me to the owner of Street Marine Club, Shin-san. Shin-san used to be a professional motorbike and car racer in Tokyo, but then got tired of the city life and decided to become a diving instructor and move to Ishigaki. That was decades ago and now he's part of the local fabric. It was my first time diving but with his expert help, I managed to pass my Open Water Diver certificate.

 

The most scariest part of the course was the complete removal and reapplication of the mask. All you have to do is keep breathing through your mouth but something about water hitting your nose and eyes just triggers an impulse to panic. As my instructor said, "diving truly makes us humans understand how utterly and ignorantly dependent we are on air." 

 

そして、「食」。

これまたヒロキミさんの紹介で創作イタリアンレストラン「クロワッサン」のマスターのノブヤスさんにとっておきの海の幸をご馳走になった。エビの殻まで食べれるように柔らかく調理するというこだわり抜いた工夫には脱帽。そしてなんと、棚にLagavulinのボトルを発見!〆に極上のスコッチ。感無量。

 

f:id:hynm_odaka:20150727070303j:plain

Finally, "Eat."

Once again, through Hirokimi-san's introduction, I had the opportunity to dine at Croissant, a fusion Italian restaurant run by Nobuyasu-san. The highlight of the meal was a seafood platter of the day's fresh catches. The meticulous craftsman that he is, amongst many other things, Nobuyasu-san would somehow soften the shrimp's crust so that you could eat the whole thing. And to top it off, he had a bottle of Lagavulin on the shelf. A fine glass of Scotch to top off the evening's meal. What more can you ask for?

 

また石垣に戻ったらシンさんとダイブして、ノブヤスさんのお店で晩ご飯食べて、その後ヒロキミさんのお店で音楽を聞きながら島を飲みたい。

 

If and when I do return to Ishigaki, I'd love to go on a dive with Shin-san, dine at Nobuyasu-san's establishment, then go have a drink at Hirokimi-san's live house. 

f:id:hynm_odaka:20150727070312j:plain

(左から)「クロワッサン」オーナー石垣信恭さん、「シティ・ジャック」オーナー石垣博公さん、「ストリート・マリン・クラブ」オーナー倉嶋新一

(From left) Croissant owner ISHIGAKI Nobuyasu, City Jack owner ISHIGAKI Hirokimi, Street Marine Clubowner KURASHIKI Shinichi