Look up, look back 見上げることは振り返る事

I wasn’t born yet, but I like to imagine that 48 years ago today, hearts on earth skipped a beat as they watched two of their brothers step afoot on a celestial neighbor. What was once the stuff of myth, suddenly became tangible. 
 
“One small step for man, one giant leap for mankind.” 
That was on the 20th of July, 1969. 
48 years later, where are we today?
 
Perhaps a healthy dose of humility can help orient us, like looking up at the stars at night. 
The following words come courtesy of the lesser-known third crew member & command module pilot of the Apollo 11 mission, Michael Collins.
 
“I really believe that if the political leaders of the world could see their planet from a distance of 100,000 miles their outlook could be fundamentally changed. That all-important border would be invisible, that noisy argument silenced. The tiny globe would continue to turn, serenely ignoring its subdivisions, presenting a unified façade that would cry out for unified understanding, for homogeneous treatment. The earth must become as it appears: blue and white, not capitalist or Communist; blue and white, not rich or poor; blue and white, not envious or envied."
 
「これは一人の人間にとっては小さな一歩だが、人類にとっては偉大な飛躍である。」
こちらの名言は皆様もご存知の方も多いかと思いますがアポロ11号が月面着陸した時にニール・アームストング船長が残した言葉です。今日からちょうど48年前の1969年7月20日に起きた出来事。
 
アポロ11号ではアームストロング船長の他にバズ・アルドリン宇宙飛行士が月面に降り立っていますが、月面には着陸せず司令船に残って月軌道を周回していた3人目の宇宙飛行士がいました。司令船操縦士のマイケル・コリンズです。この人も素敵な言葉を残しているので勝手ながら翻訳してみました。月面周回中に地球を眺めた時の彼の感想です。
 
「私はこう思います。もし世界中の国のリーダーが自らの惑星を10万マイル離れた所から眺められるとしたら、きっと世界観が根本的に覆されるだろう、と。醜い競合いが静まり、一番大事にしていた国境線が見えなくなります。当て付けの境界線を静かに無視しながら小さな球体は回転を続けます。まるでその姿を見るものに対して「私を平等に扱って」と訴えかけるかのように。資本主義と共産主義の対立ではなく、青と白の色のみ。富と貧の差ではなく、青と白だけ。妬み妬まれる関係ではなく、青と白。それが地球のありのままの姿です。」
 

Rootless Stillness

自ら根っこを持たず「地表や岩の上にはいつくばるように成長し、広がるような植物的なもの(weblio)」を一般的に”コケ”と呼びます。英語では moss.

根っこが無いけど湿気があって邪魔されなければどこでも成長できるのがコケ。

コケに覆われた木の幹ってきれい。園芸用の石もコケの種類によって何十万円もの値段がつくんだって。でもバスルームの中でコケはみかけたくない。
根っこが無いからどこでも生きられる、ってそんな簡単じゃない。

 

Moss noun — a small flowerless green plant which lacks true roots, growing in low carpets or rounded cushions in damp habitats and reproducing by means of spores released from stalked capsules.

Moss is rootless, yet it can only grow in stillness. 
Then, can stillness only come to you if you are rooted?

 

www.youtube.com

 

f:id:hynm_odaka:20161029112931j:plain(Kyoto | Feb 2016) 

f:id:hynm_odaka:20161029112934j:plain(Hoh Rainforest, Olympic National Park | Feb 2016) 

f:id:hynm_odaka:20161029112936j:plain
(Isle of Skye, Scotland | Jun 2015) 

Get Out the Vote

"I do solemly swear..." — whom do you want this pledge to be taken by in January?

日本時間の20日の朝にアメリカ大統領選挙戦の主要2候補による最終討論会が行われました。みなさまご存知かと思いますが民主党候補は元国務長官ヒラリー・クリントン、共和党候補は不動産王のドナルド・トランプ。あと主要なサードパーティ候補でグリーン党代表で医師のジル・スタイン氏、リベタリアン党代表で作家・ビジネスマンのゲアリー・ジョンソン氏が立候補しています。

アメリカ人は基本的に政治の話をしたがらない、というステレオタイプがあります。確かに私の経験上、相当仲良くならないと政治・宗教の話は話題に出てこないというのが確かにありました。でも、今回アメリカ滞在中西海岸においても東海岸においても同じく、初対面の方々が進んで「(アメリカの)選挙って日本で話題になってるの?」って聞いてくる。確かにニュースには出てくるし関心度はかなり高い、って答えるとすごい心配そうな顔で「そうか、ヒラリーは好きじゃないがトランプの方が危ない。だからヒラリーに投票する」と答えてくる。(逆の答えを持つ人もいたがこちらは少数派。)さっきまで他人だった人に率直に自分の政治的意見を言われるのはなかなか無い事なので、なんか罠を仕掛けられている様な気がした。でも、そうではなくて本当に今回の選挙はアメリカ国民にとって良くも悪くも関心が高い、という事を肌で感じた。

オバマが初当選した2008年の選挙の投票率57.1% (Wiki) でした。(再選の2012年は54.9%)

そして、来たる11月8日の投票日にはアメリカ国民に世界中の目線が集中することになるでしょう。結果はどうであれ、投票して初めて民主主義が成り立つ。
If you are reading this and have voting rights in the US, please GET OUT THE VOTE come November 8th.

Love, 
A concerned Japanese citzen that loves your country

 

 

Robert Allen Zimmerman (hats off)

f:id:hynm_odaka:20161015093044j:plain

(Hearst Castle | San Simeon, CA | Oct 2016) photo by Masataka Odaka

Long-distance operator
Place this call, it's not for fun
Long-distance operator
Please, place this call, you know it's not for fun
I gotta give a message to my baby
You know, she's not just anyone.

[...]

Ev'rybody wants to be my friend
But nobody wants to get higher
Ev'rybody wants to be my friend
But nobody wants to get higher
Long-distance operator
I believe I'm stranglin' on this telephone wire.

(lyrics from "Long Distance Operator" — Dylan, B)

 

”Long Distance Operator"より一部引用
「(長距離電話の) オペレーターさんよ
電話一本繋げて欲しいんだよ 遊びじゃなくて
お願いだから電話繋げて 遊びじゃないって分かってるでしょ
俺のベイビー(彼女)にメッセージがあるんだ
そんじゃそこいらにいる普通の女じゃないんだよ

[...]

だれもが俺と友達になりたがってる
でも誰もそれ以上にはなりたくない (<ーここのhigherの意味がいまいち分からない)
だれもが俺と友達になりたがってる
でも誰もそれ以上にはなりたくない
オペレーターさんよ
この電話線で首閉められているみたいだよ」

 

ボブ・ディラン
ノーベル文学
賞!おめでと

 

彼の歌詞の和訳サイトをいくつか見つけたので、よろしかったらチェックしてみてください。

 

19曲掲載!ボブ・ディランの歌詞和訳

ボブ・ディラン 和訳歌詞bot (@dylan_lyrics_jp) | Twitter

 

California & the Milky Way

f:id:hynm_odaka:20161009111528j:plain

OLYMPUS EP5, ISO 400, M.17 F1.8 @ 17mm, 40 sec at ƒ / 1.8

Redwood National Park, California (Oct 2016)

 

The silence I encountered in the redwood forests betrayed my own noise. 

As one of 14 million souls that call the city of Tokyo as home, quietude is in short supply.

At a beach campground sandwiched between the redwood forests and the Pacific ocean, I stared up at the sky until the last log burnt down. 

 

レッドウッドの森で出会った静けさは自分の雑音の多さを感じるきっかけになった。

東京はhome。1400万の人にとっても同じくhome。静けさに乏しい。

レッドウッドの森と太平洋の境に位置する浜辺のキャンプ場で最後の薪が燃え尽きるまで空を見上げてた。

 

カリフォルニア州最北端に位置し、太平洋沿い南北約55km、東京ドームのおよそ9,100倍の広大な面積(425k㎡)を有するレッドウッド国立公園内には、レッドウッドの巨木が集まる森が広がっています。

公園の1/3を占めるレッドウッドとはセコイアの一種で、幹が堅く分厚い樹皮が赤くなっていることからその名が付けられました。植物の中では最も大きく、高さ110mを超えるものも。また平均樹齢はおよそ500~700年とされ、中には2000年超の巨木も現存しています。」

 

詳しくはこちらのサイトをご覧下さい。

 

 

 

 

Andy WarholはCtrl+Cを使った事が無い

For the better part of September and a bit of October, I was back in the US, visiting places in Vermont, New York, California, and Oregon. 

This is what I saw in my travels, in no particular order. 

9月と10月の上旬はアメリカにいました。バーモント、ニューヨーク、カリフォルニア、そしてオレゴン州を回ったその時見た風景を、順番を気にせず並べてみました。

(Text & photos by Masataka Odaka)

 

Andy Warhol never made a copy of anything. 

アンディー・ワーホールは一つたりとも複製品を作ったりはしなかった。

f:id:hynm_odaka:20161007202823j:plain

(Whitney Museum of American Art | New York | Sep 2016)

 

Inflammatory graffiti everywhere on the streets. 

辺りは悪質な落書きだらけ。

f:id:hynm_odaka:20161008040536j:plain

(Brattleboro, VT | Sep 2016)

 

Where's the work ethic?

勤勉の「k」も知らない民。

f:id:hynm_odaka:20161007203109j:plain

(Hearst Ranch Winery | Paso Robles, CA | Sep 2016)

 

Grapes just harvest themselves and spontaneously turn into wine. 

ぶどうは自らを収穫し、何も手を加える事無くても勝手にワインに変身する。

f:id:hynm_odaka:20161008041914j:plain

(Hearst Ranch Winery | Paso Robles, CA | Sep 2016)

 

Did I forget to turn the stove off? 

戸締まりちゃんとしたっけ?

f:id:hynm_odaka:20161007203842j:plain

(Redwoods National Forest | Orick, CA | Oct 2016)

 

The harbor seals are vicious and dangerous. 

アザラシは目つきからしていかにも獰猛そう。

f:id:hynm_odaka:20161007204138j:plain

(Santa Rosa, CA | Sept 2016)

 

Beef jerkey and campfires do not get along.

ビーフジャーキーと焚き火、相性X

f:id:hynm_odaka:20161008042447j:plain

 

Sunsets in San Francisco? Meh. 

夕暮れ時のサンフランシスコ?別に。

f:id:hynm_odaka:20161007203447j:plain

(San Francisco | Oct 2016)

石垣島 (Ishigaki Island, Okinawa) / Part 3

 

f:id:hynm_odaka:20150729081309j:plain

 

 

石垣やいま村 Ishigaki Yaimamura

A photo posted by Masataka Odaka (@masatakaodaka) on

 

f:id:hynm_odaka:20150729081425j:plain

f:id:hynm_odaka:20150729081441j:plain

 

探し物はなんですか 見つけにくいものですか Do you know what you're looking for. How are you looking for it?

A photo posted by Masataka Odaka (@masatakaodaka) on

 

f:id:hynm_odaka:20150729081526j:plain