Look up, look back 見上げることは振り返る事

I wasn’t born yet, but I like to imagine that 48 years ago today, hearts on earth skipped a beat as they watched two of their brothers step afoot on a celestial neighbor. What was once the stuff of myth, suddenly became tangible. 
 
“One small step for man, one giant leap for mankind.” 
That was on the 20th of July, 1969. 
48 years later, where are we today?
 
Perhaps a healthy dose of humility can help orient us, like looking up at the stars at night. 
The following words come courtesy of the lesser-known third crew member & command module pilot of the Apollo 11 mission, Michael Collins.
 
“I really believe that if the political leaders of the world could see their planet from a distance of 100,000 miles their outlook could be fundamentally changed. That all-important border would be invisible, that noisy argument silenced. The tiny globe would continue to turn, serenely ignoring its subdivisions, presenting a unified façade that would cry out for unified understanding, for homogeneous treatment. The earth must become as it appears: blue and white, not capitalist or Communist; blue and white, not rich or poor; blue and white, not envious or envied."
 
「これは一人の人間にとっては小さな一歩だが、人類にとっては偉大な飛躍である。」
こちらの名言は皆様もご存知の方も多いかと思いますがアポロ11号が月面着陸した時にニール・アームストング船長が残した言葉です。今日からちょうど48年前の1969年7月20日に起きた出来事。
 
アポロ11号ではアームストロング船長の他にバズ・アルドリン宇宙飛行士が月面に降り立っていますが、月面には着陸せず司令船に残って月軌道を周回していた3人目の宇宙飛行士がいました。司令船操縦士のマイケル・コリンズです。この人も素敵な言葉を残しているので勝手ながら翻訳してみました。月面周回中に地球を眺めた時の彼の感想です。
 
「私はこう思います。もし世界中の国のリーダーが自らの惑星を10万マイル離れた所から眺められるとしたら、きっと世界観が根本的に覆されるだろう、と。醜い競合いが静まり、一番大事にしていた国境線が見えなくなります。当て付けの境界線を静かに無視しながら小さな球体は回転を続けます。まるでその姿を見るものに対して「私を平等に扱って」と訴えかけるかのように。資本主義と共産主義の対立ではなく、青と白の色のみ。富と貧の差ではなく、青と白だけ。妬み妬まれる関係ではなく、青と白。それが地球のありのままの姿です。」